www.brewlasvegas.asia

マットレスと幼い頃の思い出

私が子供の頃の我が家は狭く、ベッドなどありませんでした。
私達子供は畳の上に布団を敷いていましたが、両親は畳の上に3つ折りになるマットレスを敷きその上に布団を敷いていました。
ベッドを置けないくらい狭い家だったので、もちろん独立した子供部屋などありません。
マットレスについては低反発マットレスを参考にするといいと思います。
子供部屋に憧れていた私は、押入れからマットレスを引っ張り出し、上から見た時に「コの字型」になるように部屋の片隅にマットレスを立てかけて、簡易個室を作りました。
簡易個室の中に人形やブロックを持ち込み、自分だけの空間を楽しんでいました。
知りたい方はここ⇒マットレス 比較はおすすめサイトの一つです。
時々、姉がマットレスの上から覗きこみ「何してるの?」などと声をかけてきます。
「見ないでよ。ノックくらいして!」と怒ると「ノックしていいの?」と、マットレスの上から姉がニヤニヤ笑っています。
そのうちに「トントン」とノックを真似する姉の声が聞え、不安定に立てかけただけのマットレスを叩くので、簡易個室は簡単に倒れてしまいます。
簡易個室と共に、ブロックで作りかけていた自慢のお家も崩壊します。
ご想像通り、私はマットレスに顔を埋めて大泣きしました。
今となっては懐かしい思い出です。
ベッド選ぶポイントは高反発マットレス←です。